色彩学 【色】と【補色】について

こんにちは!大阪池田市石橋の美容室SOLANAの贄川です。

今回はヘアカラーの基礎知識「色彩学」
要は色についてお伝えしていきたいと思います!へアカラー剤の染毛メカニズムも大事ですが、最終的にヘアカラーを行う上で、「色」をコントロールできなければお客様のカラーを正しい色に染めることは難しいですよね?

金髪のお客様が紫色の髪にしたいにしたい

果たして紫を塗るだけでいいのか?
今日はは奥深い色彩学の話へ皆様をいざなって参ります。

第一章

有彩色と無彩色
今まで黒も白も赤も青も「色」と呼んでいたと思いますが、分類ができます。

・有彩色…色鉛筆や絵具にあるような、色味を持った色のことを有彩色と言います。
ヘアカラーにおいては色味を表現したい時には有彩色が有効

・無彩色…黒、白、灰色のように、色相が無い色のことを無彩色と言います。ヘアカラーにおいてはやわらかい色、シアー感(透明感)を」出したいときに有効

・色相環

はい!出ましたSHIKISOUKANN!今回の一番大切なところです。この関係性を理解すればヘアカラーの調合が一気にできるようになります。色には「色の三原色」と言うものがあります
・赤
・青
・黄

そして図をよく見てみましょう。

赤、青、黄、ありますね?

では仮に絵具で「赤」と「青」を混ぜると何色になるでしょうか?

そうです

「紫」です

色相環の図を見てみましょう

赤と青の間に紫が入ってますね。

色相環は三原色の隣り合う色同士を混ぜたら出来上がる「色」を円の間にどんどんうめていったらできる図なのです。

第二章

「補色」


色相環の対角線上に位置する色のことを補色と言います。ヘアカラーにおいては補色同士を混ぜるとニュートラルブラウンになりますはい補色!これ無しにカラー調合は語れません。
冒頭で掻きましたが、
金髪に紫を入れたら紫になるのか?

答えはNO!

正確にはニュートラルブラウンもしくは灰色になってしまいます。

白い髪に紫を入れれば紫に見えますが、金髪だと髪の中の「黄色」と後から入れた「紫」が補色関係になるので、紫にならずニュートラルブラウン、もしくは灰色になってしまうんですね。

今回はここまで!次回はどうすれば金髪から紫にできるのか?

について書かせていただきます。

お楽しみに!

 

ホットペッパー予約リンク

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000305874/

SOLANAインスタグラム

https://www.instagram.com/solana0801/


SOLANA 
ヘアケアマイスター
贄川卓也
Instagram
https://www.instagram.com/nietaku

Related Posts